50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

年金は何歳からもらうとお得か?繰り上げ・繰り下げ受給の分岐点早見表を作ってみた!

      2018/08/13

年金は何歳からもらうのが得か?

年金は何歳からもらえるのか、生年月日によって支給開始年齢は様々です。

しかし、現在50代の人の多くが65歳から受給開始と考えていいでしょう。

↓関連記事

年金受給開始年齢一覧早見表、年金はいつからもらえるのか?

年金の繰り上げ繰り下げ受給の損得分岐点計算!受け取り金額をシミュレーション

年金の所得税、繰り上げ繰り下げ受給計算シミュレーション

年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給率の推移を調べてみた

年金受給開始年齢は65歳が原則ですが、受給開始年齢を60歳~70歳まで選ぶことができ、65歳より早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といいます。

繰り上げ受給の場合は、年金受給額が減額(最大30%)され、繰り下げ受給の場合は増額(最大42%)されます。(老齢基礎年金も老齢厚生年金も同じ)

年金を65歳より早くもらえば少なくなり、遅くもらえば多くなるというわけですね。

年金は何歳からもらうのが得か?

このことは誰もが気になるところです。

 

ところが、自分が何歳まで生きられるのかわからない以上、確実な答えは出ないでしょう。

しかし、おおよそのイメージはつかんでおいてもいいでしょう。

 

そこで、何歳から年金を受給して、何歳まで生きたら受給累計額はいくらになるのか?

繰り上げ受給、繰り下げ受給それぞれ早見表を作ってみましたので、参考にして下さい。

Sponsored Link

繰り上げ受給の分岐点

繰り上げ受給の場合は、どれだけ減額されるのか下記のとおり計算されます。(1ヵ月単位)

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

【繰り上げ受給減額率早見表】

請求時の年齢0カ月1カ月2カ月3カ月4カ月5カ月6カ月7カ月8カ月9カ月10カ月11カ月
60歳3029.52928.52827.52726.52625.52524.5
61歳24.023.523.022.522.021.521.020.520.019.519.018.5
62歳18.017.517.016.516.015.515.014.514.013.513.012.5
63歳12.011.511.010.510.09.59.08.58.07.57.06.5
64歳6.05.55.04.54.03.53.02.52.01.51.00.5

単位:%

※繰上げ受給の年金累計額が、通常通り65歳から受給した場合の累計額に追い越される分岐点は16年8ヵ月です。

  100%÷0.5%=200ヵ月=16年8ヵ月

  • 60歳から受給・・・76歳8ヵ月
  • 61歳から受給・・・77歳8ヵ月
  • 62歳から受給・・・78歳8ヵ月
  • 63歳から受給・・・79歳8ヵ月
  • 64歳から受給・・・80歳8ヵ月

【支給開始年齢別累計額早見表】

65歳支給開始で年間100万円受給できるとした場合の比較です。(1ヵ月単位だと多すぎるのでジャスト年齢のみ)

生存年齢支給開始年齢別 累計額
60歳(30%減額)61歳(24%減額)62歳(18%減額)63歳(12%減額)64歳(6%減額)65歳
60歳70     
61歳14076    
62歳21015282   
63歳28022816488  
64歳35030424617694 
65歳420380328264188100
66歳490456410352282200
67歳560532492440376300
68歳630608574528470400
69歳700684656616564500
70歳770760738704658600
71歳840836820792752700
72歳910912902880846800
73歳980988984968940900
74歳105010641066105610341000
75歳112011401148114411281100
76歳119012161230123212221200
77歳126012921312132013161300
78歳133013681394140814101400
79歳140014441476149615041500
80歳147015201558158415981600
81歳154015961640167216921700
82歳161016721722176017861800
83歳168017481804184818801900
84歳175018241886193619742000
85歳182019001968202420682100
86歳189019762050211221622200

生存年齢における最高の累計額に黄色のマークをしてあります。

これによれば、60歳から受給開始した場合、71歳までは累計840万円で得しますが、72歳まで生きた場合は62歳以降で受給したほうが得になります。

80歳まで生きるとすれば65歳から受給したほうが累計1600万円で得になります。

Sponsored Link

繰り下げ受給の分岐点

繰り下げ受給の場合は、どれだけ増額されるのか下記のとおり計算されます。(1ヵ月単位)

増額率=0.7%×(65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までの月数)

繰下げ請求は、老齢基礎年金の権利発生(65歳)から1年を経過した日(66歳)より後に請求ができます。

【繰り下げ受給増額率早見表】

請求時の年齢0カ月1カ月2カ月3カ月4カ月5カ月6カ月7カ月8カ月9カ月10カ月11カ月
66歳8.49.19.810.511.211.912.613.314.014.715.416.1
67歳16.817.518.218.919.620.321.021.722.423.123.824.5
68歳25.225.926.627.328.028.729.430.130.831.532.232.9
69歳33.634.335.035.736.437.137.838.539.239.940.641.3
70歳42.0           

単位:%

※繰下げ受給の年金累計額が、通常通り65歳から受給した場合の累計額に追いつく分岐点は11年10ヵ月です。

 100%÷0.7%=142.85ヵ月=11年10ヵ月

  • 66歳から受給・・・77歳10ヵ月
  • 67歳から受給・・・78歳10ヵ月
  • 68歳から受給・・・79歳10ヵ月
  • 69歳から受給・・・80歳10ヵ月
  • 70歳から受給・・・81歳10ヵ月

【支給開始年齢別累計額早見表】

65歳支給開始で年間100万円受給できるとした場合の比較です。(1ヵ月単位だと多すぎるのでジャスト年齢のみ)

生存年齢支給開始年齢別 累計額
65歳66歳(8.4%増額)67歳(16.8%増額)68歳(25.2%増額)69歳(33.6%増額)70歳(42%増額)
65歳100     
66歳200108.4    
67歳300216.8116.8   
68歳400325.2233.6125.2  
69歳500433.6350.4250.4133.6 
70歳600542467.2375.6267.2142
71歳700650.4584500.8400.8284
72歳800758.8700.8626534.4426
73歳900867.2817.6751.2668568
74歳1000975.6934.4876.4801.6710
75歳110010841051.21001.6935.2852
76歳12001192.411681126.81068.8994
77歳13001300.81284.812521202.41136
78歳14001409.21401.61377.213361278
79歳15001517.61518.41502.41469.61420
80歳160016261635.21627.61603.21562
81歳17001734.417521752.81736.81704
82歳18001842.81868.818781870.41846
83歳19001951.21985.62003.220041988
84歳20002059.62102.42128.42137.62130
85歳210021682219.22253.62271.22272
86歳22002276.423362378.82404.82414

同じく、生存年齢における最高の累計額に黄色のマークをしてあります。

65歳から受給開始の場合、76歳までは累計1200万円で得しますが、77歳まで生きた場合は66歳以降で受給したほうが得になります。

 

繰り上げ受給、繰り下げ受給それぞれ見てみましたが、平均寿命から考えて見るのも一つの手ではあります。

2017年3月1日厚生労働省が発表した、日本人の平均寿命は男性80.75歳、女性は86.99歳だそうです。

たとえば、キリのいいところで男性は80歳、女性は86歳まで生きるとします。

その場合、早めにもらう繰り上げ受給は、80歳まで生きた場合、男性も女性も損ということになります。

女性の場合は、86歳ですから、70歳から繰り下げ受給したほうが得ということになります。

しかし、繰り返しますが、何歳まで生きるかは誰にもわかりませんから、確実な答えはありません。

「一度支給額が決定すると、変更はききませんから、慎重に!」とは言っても賭けみたいなもんですよね。

↓関連記事

高齢社会対策大綱とは?年金支給開始年齢は70歳に引き上げられる?

年金受給開始年齢の引き上げ70歳が現実になりそうな予感?!

高齢者の定義年齢見直しで年金支給開始年齢の引き上げの可能性は?財政検証結果から考えてみた

高齢者の定義年齢を75歳に見直したら一人を何人で支えるのか?考えてみた

高齢者とは何歳から?定義年齢見直しで「前期高齢者」「後期高齢者」「超高齢者」は?年金や医療費は?

年金受給額平均はいくら?年金だけで生活できない?

老後資金はいくら必要?5000万円?3000万円?2000万円?1000万円でも暮らせる?

50歳からお金を貯めるシミュレーション!老後に必要な貯蓄額と貯蓄率を計算

 - 老後年金 , , , , , , ,

Translate »