50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

年金受給開始年齢一覧早見表、年金はいつからもらえるのか?

      2017/08/24

LINEで送る
Pocket

年金はいつからもらえるのか?

年金はいつからもらえるのか?

アラフィフになってくると特に気になりますよね。

年金はいつからもらえるのか?

年金はいつからもらえるのか?

Sponsored Link

一概に年金といっても、国民年金、厚生年金があります。

国民年金の老齢基礎年金(定額部分)支給開始年齢は「原則65歳支給開始」です。

厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上げられ、平成12年の改正では生年月日によっての支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。

下に年金支給年齢早見一覧表を掲載しましたので、ご自分の性別と誕生日で見てください。

あまりたくさんの表になると見にくいかもしれませんので男性で昭和24年生まれの人(今年67歳)、女性で昭和29年生まれの人(今年62歳)の人からにさせていただきました。

この年齢から下の年齢の人は厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)が何歳からもらえるかの違いだけです。

Sponsored Link

年金受給開始年齢早見一覧表

生年月日(誕生日) 厚生年金 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳
男性:昭和24年4月2日~昭和28年4月1日
女性:昭和29年4月2日~昭和33年4月1日
報酬比例部分 ○老齢厚生年金
定額部分 × × × × × ○老齢基礎年金(国民年金)
加給年金 × × × × ×
男性:昭和28年4月2日~昭和30年4月1日
女性:昭和33年4月2日~昭和35年4月1日
報酬比例部分 × ○老齢厚生年金
定額部分 × × × × × ○老齢基礎年金(国民年金)
加給年金 × × × × ×
男性:昭和30年4月2日~昭和32年4月1日
女性:昭和35年4月2日~昭和37年4月1日
報酬比例部分 × × ○老齢厚生年金
定額部分 × × × × × ○老齢基礎年金(国民年金)
加給年金 × × × × ×
男性:昭和32年4月2日~昭和34年4月1日
女性:昭和37年4月2日~昭和39年4月1日
報酬比例部分 × × × ○老齢厚生年金
定額部分 × × × × × ○老齢基礎年金(国民年金)
加給年金 × × × × ×
男性:昭和34年4月2日~昭和36年4月1日
女性:昭和39年4月2日~昭和41年4月1日
報酬比例部分 × × × × ○老齢厚生年金
定額部分 × × × × × ○老齢基礎年金(国民年金)
加給年金 × × × × ×
男性:昭和36年4月2日以降生
女性:昭和41年4月2日以降生
報酬比例部分 × × × × × ○老齢厚生年金
定額部分 × × × × × ○老齢基礎年金(国民年金)
加給年金 × × × × ×

加給年金は、定額部分支給開始年齢(65歳)に達した時点で、生計を維持している(扶養家族)65歳未満の配偶者や18歳未満の子がいる場合に支給されます。

たとえば、歳の差夫婦で夫が65歳をすぎて妻が65歳未満で専業主婦なら65歳になるまで加算して支給される年金です。

私の場合は昭和36年4月2日以降生れですから、すべて65歳からしかもらえませんわ。

60歳からもらえるはずの年金が支給開始年齢が5年も引き上げられて、なんか詐欺にあったような気がするのは私だけでしょうか?

サラリーマンの厚生年金の平均が、毎月14.5万だそうですから、

14.5万x12か月x5年=870万円

自分の寿命は決まっているわけですから、生きている間に870万円もらえたはずがなくなったわけです。

いままで積み立てた年金を全額返してくれるならいいですが、そういうわけにもいかなそうですから、年金積立を続けるしかないですけどね。

どう考えても釈然としません。

自己責任、自己責任とよく耳にするようになりましたが、もはや国とか年金をあてにしては危ない時代なのかもしれませんね。

【追記】

繰り上げ受給と繰り下げ受給

年金受給開始年齢は65歳が原則で、支給開始年齢を60歳~70歳まで選ぶことができます。

65歳が基準で早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といいます。

繰り上げ受給の場合は、年金受給額が減額され、繰り下げ受給の場合は増額されます。

減額は最大30%(60歳0ヵ月受給)、増額は最大42%(70歳0ヵ月受給)となっています。

繰り上げ受給の場合の減額割合

請求時の年齢 減額率
60歳0ヵ月~60歳11ヵ月 30%~24.5%
61歳0ヵ月~61歳11ヵ月 24%~18.5%
62歳0ヵ月~62歳11ヵ月 18%~12.5%
63歳0ヵ月~63歳11ヵ月 12%~6.5%
64歳0ヵ月~64歳11ヵ月 6%~0.5%

繰り下げ受給の場合の増額割合

請求時の年齢 増額率
66歳0ヵ月~66歳11ヵ月 8.4%~16.1%
67歳0ヵ月~67歳11ヵ月 16.8%~24.5%
68歳0ヵ月~68歳11ヵ月 25.2%~32.9%
69歳0ヵ月~69歳11ヵ月 33.6%~41.3%
70歳0ヵ月~ 42%

↓関連記事

年金は何歳からもらうとお得か?繰り上げ・繰り下げ受給の分岐点早見表を作ってみた!

老前破産とは?年金支給開始年齢引き上げ70歳75歳で起こる恐怖?!

年金受給開始年齢の引き上げ70歳が現実になりそうな予感?!

高齢者の定義年齢見直しで年金支給開始年齢の引き上げの可能性は?財政検証結果から考えてみた

高齢者の定義年齢を75歳に見直したら一人を何人で支えるのか?考えてみた

高齢者とは何歳から?定義年齢見直しで「前期高齢者」「後期高齢者」「超高齢者」は?年金や医療費は?

年金受給額平均はいくら?年金だけで生活できない?

定年退職後の仕事、再就職したら収入や年金はどうなる?

60歳からの仕事と働き方で生き方の再設計が必要かもしれない?!

年金減額!給与収入合計が60歳からの28万円、65歳以上47万円の壁と働き方

在職老齢年金制度とは?60歳からの働き方を考えよう【早見表】

 - 老後年金