50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

天地真理や柳沢きみおも現在は老後破産の危機?!【画像】

      2015/11/10

LINEで送る
Pocket

ネットを検索していて衝撃の事実を知りました。

脅すようで恐縮ですが、老後破産の危機は芸能人や漫画家などの有名人であっても訪れているようです。

「水色の恋」「ひとりじゃないの」「ちいさな恋」などのヒット曲を歌って一世を風靡した国民的アイドル歌手・天地真理や、 「月とスッポン」「翔んだカップル」「特命係長 只野仁」などの漫画の作者である漫画家・柳沢きみおも現在は老後破産の危機にあるようです。

Sponsored Link

天地真理の現在

天地真理の現在

天地真理の現在

天地真理は現在63歳で、川崎市の高齢者向け住宅に暮らしているそうです。

家賃は14万円、食費が4万円だそうですが、ファンクラブの人に払ってもらっているそうです。

ファンクラブの人ってすごいですね。

19歳でデビューして、一世を風靡した頃は、月給300万円もらっていたそうですが、6000万円のマンションを購入したり、高い洋服を購入したり食事も外食ばかりという優雅な暮らしだったようです。

25歳のとき、人気が落ちてきて鬱病を患い(表向きは甲状腺機能障害)入院して、芸能活動を2年間休止したことで、復帰後も仕事が増えず、芸能事務所を転々としながら、月給は50万円くらいに落ちたそうです。

それでも浪費癖は治らずお金に困窮し、1986年にロマンポルノ「魔性の香り」に出演するもギャラの200万円も毛皮のコートになったそうです。

その後結婚し、娘さんを出産するも、仕事をせずに暴力をふるう旦那と離婚。

慰謝料は0円。

娘さんを専門学校に通わせるまで学費などで困ることはなかったそうですが、30万円するイヴ・サンローランの服を買ったりして浪費する生活だったようです。

天地真理は現在貯蓄はないそうです。

天地真理の現在の収入は渡辺音楽出版との契約で、死ぬまで3カ月に1回、5万円が振り込まれるそうです。

1ヶ月16,666円ですね。

全く無いよりマシでしょうけどね。

しかし、この収入は全額娘さんに渡していて、週に3回、娘さんが2000円ずつ振り込んでやりくりしているようです。

つまり、週6000円ですから、1日あたり857円で暮らしているわけです。

どこかのランチを食べたらおしまいです。

でも、週6000円だと1ヶ月4週としても24,000円ですね。

娘さんが少し援助しているんですかね。

スーパーアイドルだった天地真理がこんな老後を送っているなんて衝撃でした。

Sponsored Link

■老後資金必要額を簡単に簡単にシミュレーションできる方法を発見しました

老後資金シミュレーション、50代アラフィフは生活費いくら必要?

柳沢きみおの現在

柳沢きみお

柳沢きみお

柳沢きみおも売れっ子漫画家で多くのヒット作を世に出して、年収も最高で1億8000万円ほどあったそうです。

柳沢きみおも天地真理と同じで、日本がバブルで沸いていた頃、2億4000万円で買った原宿のマンションに住み、フランスの芸術家エミール・ガレにハマって骨董品を買い漁ったり、何台もクラシックカーを買い換たり、4億円のログハウスを買ったりして浪費していたようです。

月々の返済額はというと、2億4000万円マンションは80万円、4億円のログハウスを買った時にはあわせてなんと月額350万円の返済をしていたそうです。

そこへ追い打ちをかけるように2本の週刊漫画誌の連載が打ち切られ、ローンが支払えなくなり、マンションやログハウスやクラシックカーなどを処分するも、バブルが弾けて価値が落ちてしまい、1億8000万円の借金が残ったそうです。

「特命係長 只野仁」がテレビドラマ化されて、大ヒットしたおかげで、借金は返済できたそうですが、浪費癖は治っていないようです。

そこそこお金が貯まると、ガレの骨董品やクラシックギターを買ってしまうそうです。

柳沢きみおの現在の自宅は家賃30万、事務所は20万円の賃貸マンションで、アシスタントに給料を払い、食費、光熱費など諸々の出費と今の収入でトントンくらいだそうです。

不動産は持っていないようですから、暮らすだけでも家賃が発生します。

新作の依頼も一切ないし、今後は仕事が先細り傾向なので、自分が病気になったら漫画も描けなくなることに怯えて暮らしているようです。

天地真理と柳沢きみおの老後破産の原因

天地真理と柳沢きみおを老後破産の危機に導いた一番のの原因は浪費癖ということになりますね。

やはり、芸能人や有名人は派手だからこんなことになると考えがちですが、私達にも共通する難しさが潜んでいるようです。

それは、それまで送っていた生活レベルを落とすことの難しさでしょう。

芸能人や有名人は極端な収入ですが、私達庶民も現在の収入に応じた年金でいずれ暮らさなければならない時がくるのです。

年金の所得代替率(夫婦2人世帯の年金月額が現役世代の男性の平均月収の何パーセントになるか)は厚生労働省・平成26年財政検証結果によれば62.7%です。

今の収入より40%近く減って約半分の収入になるわけです。

あなたは今の半分の収入で暮らすことができますか?

脅すようで恐縮ですが、老後の年金暮らしというのはこのような暮らしを想定しないといけないのではないでしょうか。

50代アラフィフのいまから老後の資金計画をたてる必要性を痛切に感じる今日このごろです。

■老後資金必要額を簡単に簡単にシミュレーションできる方法を発見しました

老後資金シミュレーション、50代アラフィフは生活費いくら必要?

 - 老後破産