50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

50歳代の平均年収は男性・女性でどれくらい?貯金できる?

      2015/11/09

LINEで送る
Pocket

50歳代の平均年収

50歳代から老後に備えてできるだけ貯金したいのですが、貯金する余裕はあるのでしょうか?

そんな疑問が浮かんだので、年収と支出を調べてみました。

50歳代の人の平均年収ってどれくらいなのでしょう?

国税庁が2014年9月に発表した「民間給与実態統計調査平成 25 年分」から調べてみました。

このデータは全国の給与所得者(パート・非正規・会社役員含む)295,108人からとられたデータです。

Sponsored Link

50歳代の平均年収は男性・女性でどれくらい?

年齢階層別の平均給与

年齢階層別の平均給与

平均給与は男性では55歳未満までは年齢が高くなるに従い平均給与も上昇していきます。

50~54歳の階層が649万円でピークになり、その後は減少傾向になっています。

女性は年齢による較差はあまりないようです。

男性の年収は50歳代で一番高くなっています。

男性50~54歳、55~59歳の階層の平均で、639万円になっています。

639万円から年金生活にいきなり無理でしょうから、家計のダウンサイジングはやらないといけないのでしょうね。

年齢(歳) 平均給与(円)
男性 女性 平均
19以下 142 106 126
20~24 265 226 246
25~29 371 295 339
30~34 438 294 384
35~39 499 297 425
40~44 568 290 459
45~49 638 292 491
50~54 649 281 491
55~59 629 275 485
60~64 460 221 362
65~69 387 204 313
70以上 360 201 290
全年齢平均 511 272 414

Sponsored Link

50歳代の家計支出(二人以上の世帯)

そして、50歳代の家計の支出はどれくらいなのかも調べてみました。

総務省統計局が2015年2月に発表した「家計調査報告平成26年」で世帯主の年齢階級別家計収支から抜粋します。

これによると、50~59歳の階層の消費支出は年415万円です。

消費支出の内訳は食料、住居、光熱・水道、家具・家事用品、被服及び履物、保健医療、交通・通信、教育、教養娯楽、その他の消費支出となりますから、ほぼすべてを網羅しています。

年齢(歳) 消費支出(円/月) 消費支出(万円/年)
40歳未満 267,324 320
40~49歳 322,987 387
50~59歳 346,211 415
60~69歳 295,955 355
70歳以上 241,266 257
平均 291,194 349

はたして50歳代は貯金できるのか?

先ほどの平均年収から消費支出をマイナスしてみましょう。

年収639万円-支出415万円=224万円

収入から支出を引いて余った分は貯金できますから年間224万円できるはずです。

このことからすれば、10年で2000万円以上貯蓄できることになります。

しかし、私の感触では現実とちがう気がするのですが。

なにせ、財布は奥さん任せでよくわかりません。

ヘソクリにまわっているのかな(笑)

しかし、224万円のは半分くらい100万円くらいなら貯金できそうですよね。

やはり我が家の正確な家計収支を把握しないといけないのかな?

以前、突っ込んで聞いたら激怒されました。

やっぱり、ヘソクリかな・・・(笑)

■老後資金必要額を簡単にシミュレーションできる方法を発見しました

老後資金シミュレーション、50代アラフィフは生活費いくら必要?

 - 老後貯蓄