50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

iDeCo(個人型確定拠出年金)の手数料を比較して金融機関別一覧表にしてみた

   

LINEで送る
Pocket

iDeCoは節税もできておすすめですが、運用するために様々な手数料がかかります。

大きく分けて、加入時・移管時のみかかる加入時・移管手数料、運用中にかかる口座管理手数料、そして積み立てたお金を受け取る給付時にかかる給付事務手数料があります。

加入時にかかる手数料は運用期間が長くなればなるほど、小さな差になります。

それよりも重要なのは、毎月かかる運用時の手数料のほうが大きなコストになってきますので、口座管理手数料のほうを見ていくといいと思います。

これらiDeCoの手数料は、金融機関によって無料のところなどもまちまちですので、比較して一覧表にしてみました。

どの金融機関の手数料が安いのか高いのか、金融機関を選ぶときの参考にしてくださいね。

Sponsored Link

iDeCoの手数料の種類

加入手数料・移管手数料(初回のみ)

初回加入時に、2,777円の加入時手数料を国民年金基金連合会に支払うことになります。

その他、運営管理機関の加入手数料や移管手数料が必要になるところがあります。

金融機関によって違いますので、よく調べるようにしましょう。

種類 支払先 支払い方法 金額
加入時手数料 国民年金基金連合会 初回掛金から控除 2,777円
運営管理機関 金融機関によって異なる
移管手時数料 運営管理機関 金融機関によって異なる

口座管理手数料(運用時)

種類 支払先 支払い方法 金額
事務手数料 国民年金基金連合会 毎月の掛金から控除 月額103円(年間1,236円)
資産管理手数料 信託銀行 月額64円(年間768)
運営管理手数料 運営管理機関 金融機関によって異なる

iDeCoは60歳まで加入者として掛け金を積立(拠出)します。

その間は、国民年金基金連合会に払う「事務手数料」が103円と信託銀行に払う「資産管理手数料」64円、運営管理機関に払う「運営管理手数料」(金融機関によってまちまち)が毎月発生します。

60歳以降、積み立てたお金を一時金や年金として受け取ることもできますが、70歳までの10年間、運用指図者として、運用のみを行うこともできます。

運用指図者になった場合、国民年金基金連合会に払う「事務手数料」が103円の支払はなくなります。

そして、加入期間によって受給開始可能年齢が異なります。

加入期間 受給開始可能年齢
10年以上 60歳~70歳の間
8年以上10年未満 61歳~70歳の間
6年以上8年未満 62歳~70歳の間
4年以上6年未満 63歳~70歳の間
2年以上4年未満 64歳~70歳の間
1ヶ月以上2年未満 65歳~70歳の間

加入者が何らかの理由で掛金を拠出できなくなった場合も、運用指図者としてそれまで積立てた額を運用することができます。

給付事務手数料(給付時)

60歳以降、それまで積み立てたお金を給付金として受け取る際には、給付一回につき432円の「給付事務手数料」がかかります。

種類 支払先 支払い方法 金額
給付事務手数料 信託銀行 給付金から控除 432円

給付金は一括で一時金としても受け取れますが、分割で年金としても受け取れます。

年金として受け取る場合は、その都度、給付事務手数料がかかりますので注意が必要です。

年金給付金は回数や年数を指定できますので、よく考えて受け取りましょう。

還付事務手数料

掛け金を還付した場合に、「還付事務手数料」がその都度かかります。

還付とは下記のように、何らかの理由で掛け金の差額が出た場合、加入者に返還されることをいいます。

  • 法令の限度額を超えて拠出されたとき
  • 国民年金の保険料を納付していない月の分として拠出されたとき
  • 加入資格のない方が拠出したとき
種類 支払先 支払い方法 金額
還付事務手数料 国民年金基金連合会 還付金から控除 1029円
事務委託先金融機関 432円

信託報酬

iDeCoを投資信託で運用する場合、保有している間に「信託報酬」という手数料がかかります。

種類 支払先 支払い方法 金額
信託報酬 信託銀行 掛金から控除 資産残高に比例、おおよそ年0.1~0.7%程度、商品によって異なる

信託報酬は、運用年数が長くなると、想像以上に大きなコストになるので、注意が必要です。

大まかに言って、投資信託の運用益が5%であっても、信託報酬が0.3%であれば、実質4.7%の運用になるということです。

Sponsored Link

iDeCo(個人型確定拠出年金)手数料金融機関別一覧表

イデコの手数料を比較するために、金融機関別にまとめて一覧表にしてみました。

加入者の口座管理手数料が安い順番に並べてあります。

口座管理手数料が月額167円のところは、国民年金基金連合会が103円、信託銀行が64円で、銀行や証券会社などの金融機関(運用管理機関)が、手数料0円で無料であることを意味します。

金融機関名

加入手数料(円)
(初回加入時のみ)

 

口座管理手数料(円)
運用期間中かかる月額費用
移管手数料(円) 給付事務手数料(円)
(振込の都度)
加入者
(積立をする)

運用指図者
(積立をしない)

SBI証券 2,777 167 64 4,320 432
イオン銀行 2,777 167 64 432
スルガ銀行
【資産50万以上】
2,777 167 64 4,320 432
スルガ銀行
【資産50万未満】
2,777 167 334 4,320 432
みずほ銀行
【資産50万以上】
2,777 167 64 432
楽天証券 2,777 167 64 4,320 432
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
【資産200万以上】
2,777 167 64 432
大和証券
【資産50万以上】
3,857 167 64 4,320 432
第一生命保険
【資産150万以上】
2,777 167 64 432
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
【資産100万~200万未満】
2,777 307以内 204 432
野村證券
【資産200万以上】
2,777 370 267 432
岡三証券 2,777 372 431 432
野村證券
【資産100万~200万未満】
2,777 415 312 432
みずほ銀行
【資産50万未満】
2,777 422以内 319 432
ゆうちょ銀行 2,777 422 319 432
三井住友銀行 2,777 422 319 432
三菱東京UFJ銀行/三菱UFJ信託銀行
【ライトコース】
2,777 422 319 432
さわかみ投信 3,857 437 334 4,320 432
荘内銀行 2,777 437 301 432
北海道銀行 2,777 450 393 432
北洋銀行 2,777 450 386 432
野村證券
【資産100万未満】
2,777 450 347 432
横浜銀行 2,777 453 350 432
MYDC 2,777 458 355 432
滋賀銀行 2,777 458 339 432
広島銀行 2,777 470 367 432
京葉銀行 2,777 472 361 432
三井住友海上火災保険 2,777 472 361 432
中央労働金庫 2,777 472 369 432
中国銀行 2,777 472 369 432
明治安田生命保険相互会社
【シンプルコース】
2,777 474 371 432
池田泉州銀行 2,777 477 374 432
北越銀行 2,777 477 374 432
富国生命保険相互会社 2,777 478 375 432
みちのく銀行 2,777 480 339 432
愛媛銀行 2,777 480 322 432
伊予銀行 2,777 480 322 432
紀陽銀行 2,777 480 322 432
鹿児島銀行 2,777 480 430 432
住友生命保険相互会社 2,777 480 377 432
十六銀行 2,777 480 322 432
静岡銀行 2,777 480 322 432
大垣共立銀行 2,777 480 463 432
第四銀行 2,777 480 377 432
東京海上日動火災保険 2,777 480 322 432
日本生命保険相互会社 2,777 480 377 432
百五銀行 2,777 480 377 432
北陸銀行 2,777 480 377 432
北國銀行 2,777 480 334 432
第一生命保険
【資産150万未満】
2,777 482 379 432
りそな銀行 2,777 483 380 432
西日本シティ銀行 2,777 487 384 432
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
【資産100万未満】
2,777 491以内 388 432
ジャパン・ペンション・ナビゲーター 2,777 491 388 432
ソニー生命保険 2,777 491 388 432
群馬銀行 2,777 491 332 432
常陽銀行 2,777 491 388 432
足利銀行 2,777 491 388 432
損保ジャパン日本興亜DC証券 2,777 491 349 432
大和証券
【資産50万未満】
3,857 491 388 4,320 432
筑波銀行 2,777 491 349 432
東邦銀行 2,777 491 332 432
八十二銀行 2,777 491 332 432
三井住友信託銀行
【プランN】
2,777 492 389 432
山梨中央銀行 2,777 495 352 432
青森銀行 2,777 512 409 432
あいおいニッセイ同和損害保険 2,777 523 413 378
大分銀行 2,777 534 376 432
栃木銀行 2,777 534 388 432
明治安田生命保険相互会社
【スタンダードコース】
2,777 534 431 432
秋田銀行 2,777 537 398 432
三菱東京UFJ銀行/三菱UFJ信託銀行
【標準コース】
2,777 545 415 432
百十四銀行 2,777 545 442 432
琉球銀行 2,777 556 453 432
岩手銀行 2,777 577 420 432
SBIベネフィット・システムズ 3,857 579 475 4,320 432
肥後銀行 2,777 598 495 432
宮崎銀行 2,777 599 496 432
山口銀行 2,777 599 496 432
信金中央金庫 2,777 599 496 432
福岡銀行 2,777 599 496 432
十八銀行 2,777 617 514 432

出典:http://www.dcnenkin.jp/search/commission.php

iDeCo(個人型確定拠出年金)の関連記事↓

個人年金保険と個人型確定拠出年金の違いを比較一覧表にしてみた

iDeCo(個人型確定拠出年金)で投資信託はおすすめかも?

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは?節税もできておすすめ、メリット・デメリットは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入資格拡大で加入者数の状況は?掛け金の平均は?

iDeCoとNISA・積立NISA両方の違いを比較表に!どっちをどう使い分ける?

 - 年金以外の収入, 投資, 老後貯蓄 , , , , ,