50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

ふるさと納税の限度額計算の目安を早見表で損をしないよう確認してみよう!

      2017/03/03

LINEで送る
Pocket

ふるさと納税で損をしないために

先回の記事でふるさと納税のしくみはどうなっているのか?

について、簡単に触れてみました。

ふるさと納税とは何?計算式や仕組みやをできるだけ簡単にわかりやすく解説!

概要をおさらいをすると次のようになります。

税目・控除の種類 控除方式 控除額の計算 還付金等
➀ 所得税寄附金控除 所得控除 (寄附金-2000円)×(所得税率×1.021) ふるさと納税を行った年に控除され、翌年の2~5月あたりで還付金として銀行振込
➁ 住民税基本控除 税額控除 (寄附金-2000円)×10% ふるさと納税を行った翌年の6月から12ヶ月間減税
➂ 住民税特例控除 税額控除 (寄附金-2000円)×(90%-所得税率×1.021)

しかし、どんどん納税すれば得になるとは限りません。

納税しすぎてしまうと、かえって自己負担が増え2,000円で収まりきらないことになってしまいます。

なんか御礼の品をもらって、たくさん納税しちゃったけど大丈夫かな?

なんて不安になったりもしますよね。

いくらまでの納税にしておけば損をしないのか?

 

それは本人の年収と家族構成によってちがってきます。

ふるさと納税の限度額計算で損をしないための目安になるよう、早見表も作ってみましたので、参考にしてみてください。

Sponsored Link

ふるさと納税の限度額早見表

ふるさと納税の限度額計算早見表は、ふるさと納税を行う本人の給与収入家族構成別での表になっています。

社会保険料控除額は、給与収入の15%と仮定しており、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない場合です。

本人の給与収入 家族構成
独 身 夫婦 (本人が配偶者控除を受けている) 共働き(配偶者の給与収入が141万円以上)
夫婦
(子供なし or 中学生以下子供1人)

夫婦+子1人

(高校生)

夫婦+子2人
(大学生と高校生)
共働き
(子供なし or 中学生以下子供1人)

共働き+子1人

(高校生)

共働き+子1人

(大学生)

共働き+子2人
(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 11,000 0 28,000 19,000 15,000 7,000
325万円 31,000 23,000 14,000 3,000 31,000 23,000 18,000 10,000
350万円 34,000 26,000 18,000 5,000 34,000 26,000 22,000 13,000
375万円 38,000 29,000 21,000 8,000 38,000 29,000 25,000 17,000
400万円 42,000 33,000 25,000 12,000 42,000 33,000 29,000 21,000
425万円 45,000 37,000 29,000 16,000 45,000 37,000 33,000 24,000
450万円 52,000 41,000 33,000 20,000 52,000 41,000 37,000 28,000
475万円 56,000 45,000 36,000 24,000 56,000 45,000 40,000 32,000
500万円 61,000 49,000 40,000 28,000 61,000 49,000 44,000 36,000
525万円 65,000 56,000 44,000 31,000 65,000 56,000 49,000 40,000
550万円 69,000 60,000 48,000 35,000 69,000 60,000 57,000 44,000
575万円 73,000 64,000 56,000 39,000 73,000 64,000 61,000 48,000
600万円 77,000 69,000 60,000 43,000 77,000 69,000 66,000 57,000
625万円 81,000 73,000 64,000 48,000 81,000 73,000 70,000 61,000
650万円 97,000 77,000 68,000 53,000 97,000 77,000 74,000 65,000
675万円 102,000 81,000 73,000 62,000 102,000 81,000 78,000 70,000
700万円 108,000 86,000 78,000 66,000 108,000 86,000 83,000 75,000
725万円 113,000 104,000 82,000 71,000 113,000 104,000 88,000 79,000
750万円 118,000 109,000 87,000 76,000 118,000 109,000 106,000 84,000
775万円 124,000 114,000 105,000 80,000 124,000 114,000 111,000 89,000
800万円 129,000 120,000 110,000 85,000 129,000 120,000 116,000 107,000
825万円 135,000 125,000 116,000 90,000 135,000 125,000 122,000 112,000
850万円 140,000 131,000 121,000 108,000 140,000 131,000 127,000 118,000
875万円 145,000 136,000 126,000 113,000 145,000 136,000 132,000 123,000
900万円 151,000 141,000 132,000 119,000 151,000 141,000 138,000 128,000
925万円 157,000 148,000 138,000 125,000 157,000 148,000 144,000 135,000
950万円 163,000 154,000 144,000 131,000 163,000 154,000 150,000 141,000
975万円 170,000 160,000 151,000 138,000 170,000 160,000 157,000 147,000
1000万円 176,000 166,000 157,000 144,000 176,000 166,000 163,000 153,000
1100万円 212,000 193,000 183,000 170,000 212,000 193,000 189,000 180,000
1200万円 239,000 229,000 219,000 197,000 239,000 229,000 226,000 206,000
1300万円 268,000 258,000 249,000 235,000 268,000 258,000 255,000 245,000
1400万円 351,000 339,000 328,000 264,000 351,000 339,000 335,000 274,000
1500万円 386,000 374,000 362,000 346,000 386,000 374,000 370,000 358,000
1600万円 420,000 408,000 397,000 381,000 420,000 408,000 404,000 392,000
1700万円 455,000 443,000 431,000 415,000 455,000 443,000 439,000 427,000
1800万円 489,000 477,000 466,000 450,000 489,000 477,000 473,000 461,000
1900万円 525,000 513,000 501,000 485,000 525,000 513,000 509,000 497,000
2000万円 560,000 548,000 537,000 521,000 560,000 548,000 544,000 532,000
2100万円 596,000 584,000 572,000 556,000 596,000 584,000 580,000 568,000
2200万円 631,000 619,000 608,000 592,000 631,000 619,000 615,000 603,000
2300万円 763,000 750,000 643,000 627,000 763,000 750,000 745,000 639,000
2400万円 804,000 791,000 777,000 759,000 804,000 791,000 786,000 772,000
2500万円 845,000 831,000 818,000 800,000 845,000 831,000 826,000 813,000

※ 「共働き」は、ふるさと納税をした者本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
※ 「夫婦」は、ふるさと納税をした者の配偶者に収入がないケースを指します。  (ふるさと納税をした者本人が配偶者控除を受けている場合)
※ 「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
※ 中学生以下の子供は控除額に影響がないため、計算に入れる必要はありません。

Sponsored Link

ふるさと納税の限度額計算を確認できるサイト

最後に、ふるさと納税の限度額計算を確認できるサイトをご紹介しますね。

「ふるさとチョイス」と「さとふる」ですが、いずれも簡易版と上位版があります。

簡易版は本人の年収、配偶者の年収、扶養家族などを入力して計算します。

上位版(詳細)は、源泉徴収票もしくは確定申告書の控えを用意して

 

ふるさとチョイス

簡易版は本人の年収、配偶者の年収、扶養家族などを入力して計算します。

上位版(詳細)は、源泉徴収票もしくは確定申告書の控えから、本人の給与収入、配偶者の給与収入、扶養家族の人数・年齢、社会保険料、生命保険料・地震保険料、医療費など他に控除があるか等を入力していき、より正確な限度額がわかるようになっています。

さとふる

簡易版は本人の年収、配偶者の年収、扶養家族などを入力して計算します。

上位版(詳細)は、源泉徴収票もしくは確定申告書の控えから、総収入金額、給与所得控除後の金額、所得控除額の合計額、市町村民税所得割、都道府県民税所得割、住民税所得割等を入力して正確な限度額を計算します。

↓関連記事はこちら

確定申告書と源泉徴収票の見方について関係を調べてみた

詳細な限度額がわかるのはいいことですが、私は面倒くさがりなので、早見表か簡易版で確認して、安全を見て限度額より少し余裕のある程度に少ない額に済ませています。

ふるさと納税は、どうせ税金に取られるお金ですから、もったいないからやらなきゃ損ですから、あなたに向いた方法でチャレンジしてみてくださいね。

 

 - その他, 節約 , , ,