50代アラフィフから考えるゆとりある老後の資金戦略

50代アラフィフが楽しい老後の生活を送るために、老後の資金計画や資金づくり、健康・趣味・楽しみ方などの情報をお届けします

*

50代アラフィフが転職を失敗せずに成功させるために準備しておくこととは?

   

LINEで送る
Pocket

アラフィフの転職では50代からの生活設計を考えることが成功の秘訣

転職の理由は色々ありますが、50代アラフィフの場合はその他の年代とは違うポイントがあります。

例えば30代や40代なら新しい仕事の選び方にしてもかなりの幅があります。

それまで経理畑を歩いてきた人が、営業職に方向転換するのはそれほど難しいことではありません。

しかしアラフィフになってしまうと、転職したとしても定年まで10年しかないのです。

また50代になると、それまで自分がしてきた仕事の経験をきっぱり捨て去ることがなかなかできないのです。

自分の過去の実績に囚われてしまうと、仕事を変わっても成功することは難しくなります。

50代になった時には定年後の生活設計を第1に考える必要があるのです。

それまでの自分の仕事の実績を捨て去ることになっても、定年後も続けて働けるような仕事を見つけるというのが大事です。

この点をおさえておけば、定年間近になってから新しい仕事を見つけるよりも成功する確率は高くなります。

人生は長いのですから、定年後の第2の人生をターゲットにすることが必要です。

Sponsored Link

アラフィフの転職を成功させるため50代までに準備しておくこと

50代アラフィフの転職で成功するには最後の冒険をする覚悟が大切

人間の寿命は伸びています。

男女ともに平均寿命は80歳以上になっています。

しかし会社の定年はいまだに60歳という所が多いのです。

定年を迎えても20年以上の人生を生き抜く必要があります。

今後は年金の支給も減らされていく傾向にありますし、もっと若い世代は支給されるかどうかも不安な時代がやってきます。

それぞれの人が自分の第2の人生プランを描かねばならないのです。

そのためにはアラフィフで転職できるかどうかがポイントです。

一般的にはアラフィフでの転職は冒険と思われています。

しかし50代だからこそ、自分の新しい可能性を追い求めることができるのです。

50代ともなればそれまでの仕事の実績があるはずです。

それは肩書きではなく、仕事を続けてきた自信です。

その自信さえあれば、新しい仕事を見つけても成功できます。

成功の秘訣は第2の人生プランを描くことです。

そしてそのための準備は30代や40代から始めておくことが重要です。

Sponsored Link

50代アラフィフの転職で成功した人は仕事をやり遂げた人

アラフィフで転職して成功した人の多くは、50代までに自分の仕事をやり遂げて満足している人たちです。

やり遂げたという満足感と自信があるからこそ、アラフィフになって新たな仕事をやろうという意欲が湧いてくるのです。

反対に50代までの仕事が不満で鬱屈が溜まっている人は、その不満を抱えたまま新たな仕事を始めても失敗することが多いのです。

つまり転職して成功する人というのは、それまでの仕事の積み重ねが次の仕事の土台になっているのです。

よくあるのが会社員生活を捨てて、ラーメン屋を始めるというパターンです。

このように全く職種が異なる仕事を始めてうまくいく人は、会社員時代の仕事も充実している場合がほとんどです。

会社員時代の実績と自信が、別の仕事を始めた時にプラスに作用するのです。

実績と自信がなくて全く異業種を始めると、自分の腰が据わってないので目先の利益に目がいって業績を軌道に乗せることができなくなるのです。

自分自身に自信を持ち、計画的に事を進めることが大切です。

 - 50代からの仕事探し , , ,